『日常に侵入する自己啓発―――生き方・手帳術・片づけ』(牧野智和)という本があるそうだ。読んでいない。

自己啓発は、主流秩序に適応・上昇するノウハウのことが多い。無駄なく、うまく生きていくという形で、主流秩序に適応していくのだ。

 

主流秩序を意識して生きていくテーゼには、生き方の簡単なまとめを書いている。

世に広がっているものと結果的に重なるところもあれば、真逆のこともある。

 

ポイントは、「主流秩序をなんら揺るがさずむしろ再生産、強化する」のか、「主流秩序の上昇を目指さない、加担しない、主流秩序を批判したり揺るがしたり弱めたりするのか」ということ。